学生やお金が無い方にお勧め翻訳依頼方法まとめ

学生やお金が無い方向けにお勧め翻訳依頼方法をまとめました。

はじめに

無料で利用出来る翻訳ツールがインターネット上にはいくつもあります。文字を入力すれば瞬時に翻訳してくれるのでとても便利な機能ですが、日本語から英語翻訳は技術的に困難さが多々ある為、翻訳してくれた文章をそのまま利用することは、現状においてはかなり難しいと言わざるを得ません。言いたいことを正確に伝えなければならないビジネスシーンにおいては使わない方が良いです。しかし、例えば外国へ旅行する場合などで、相手と相対しながら会話をする場合などには、コミュニケーションの1手段として有効利用することも出来ます。

 

英訳用、無料英訳ツール

無料翻訳サイトはインターネット上に複数存在します。それぞれのサイト毎の特徴を知った上で、使いやすいサイトを見つけていくと良いでしょう。複数ある無料翻訳サイトの中で、現在最も精度が高いと言われているのは研究社の辞書を元に開発されているウェブリオ翻訳サイトです。464万語の英語と508万語の日本語、合計972万語を検索して文書を作成してくれます。ウェブリオは、翻訳結果をいくつか表示してくれる機能があるので、その中から自分の意図に近いものを選ぶことが出来ます。 いくつかの文例を挙げてくれるという点では、エキサイト翻訳にも再翻訳機能があります。履歴の保存や検索がしやすいという使いやすさがあるサイトです。和文英訳が難しい理由として、日本語の複雑さが挙げられます。日本語にはひらがな、カタカナ、漢字があることも1つですが、組み合わせ方によって音読み訓読みがあり、意味が違って来ます。また、主語の省略も頻繁に行われます。さらに、英語には無い尊敬語や謙譲語などの敬語もあり、より複雑な構造になっています。和文英訳を行う場合は、より精度の高い翻訳文を作成する為に、元の和文の作り方に工夫をする必要があります。まず、読点を付ける位置に気をつけましょう。読点を付ける場所で文の意味合いが変わってくることが多々あります。日本語は主語や目的語を省略する場合が多いですので、これらを文章に補います。時制がはっきりしない場合も多いですので、時制もはっきりさせます。コツとして、日本語を習い始めたばかりの人に説明するような、明確で分かりやすい文章を作成することが大事です。

 

まとめ

日本語から英語への和文英訳は、無料翻訳ツールで翻訳するのは困難な場合が多いです。それは、日本語の複雑さが原因となっている為です。無料翻訳ツールで作成した和文英訳は、正確に意図したことを伝えたいビジネスシーンにおいて使用するのは相応しくありません。ただし、海外旅行の時などにコミュニケーション手段の1つとして利用するには有益です。和文翻訳を行う時は、読点の入れ方に気をつけ、日本語にありがちな省略された主語や目的語を文章に補い、時制をはっきりさせるなど、元の和文を作る段階で分かりやすいものにする必要があります。