学生やお金が無い方にお勧め翻訳依頼方法まとめ

学生やお金が無い方向けにお勧め翻訳依頼方法をまとめました。

はじめに

元々翻訳ソフトは、英語が分からない人ではなく翻訳のプロが使用していました。分からない専門用語を1つ1つ調べるのではなく、翻訳ソフトを用いて大まかな訳をした上でそれらを1つ1つ精査し、求める形の翻訳に近づけていくことを目的として使われていました。翻訳ソフトを使うことにより、専門用語の統一も簡単に行うことが出来ます。翻訳のプロが使う有料のソフトは、訳が間違っていた場合や固有名詞などを登録して覚え込ませることにより、翻訳の精度を上げることが出来ます。有料ソフトの機能を試す目的でお試し版の無料ソフトを利用することが出来ます。

 

無料翻訳ソフトとは

現在はインターネットで自動翻訳ツールが無料で使える時代になりましたが、翻訳ソフト自体はかなり前から使われてきました。翻訳ソフトを使っていたのは英語が分からない人ではなく、プロの翻訳家達が主でした。プロの翻訳家達は、専門用語が多く含まれた文書を翻訳する中で、1つ1つの専門用語を辞書で調べるのではなく、翻訳ソフトを使うことにより、専門用語の統一性を図ってきました。また、大量の文書を大まかに翻訳した後に、その11つを精査して、実際にあるべき形の翻訳に近づけていくという作業効率を上げる目的でも使用してきました。プロの翻訳家が使う有料の翻訳ソフトは、翻訳の間違い箇所や専門用語などを登録することが出来、それによってより精度の高い翻訳を行うことが可能になります。有料の翻訳ソフトの機能を実際に試してみて、購入するかどうかを決める為に、そのソフトの無料体験版がダウンロード出来るようになっています。有料の翻訳ソフトに含まれるすべての機能を使える点がメリットですが、デメリットとしては無料体験版が使える期間が限定されている点です。無料翻訳ソフトと対比されるところにあるのが、無料翻訳アプリです。無料翻訳アプリも、よく使う言い回しを登録しておく機能や再翻訳してより正しい言い回しに近い方を選べる機能などがあります。無料翻訳アプリはいつでも無料で使えます。その分、便利な機能がソフトよりは少ない為、翻訳を業とする人向けのものであるというよりは一般人向けであると言えます。

 

まとめ

無料翻訳ソフトは、従来翻訳を業とするプロの翻訳家に使われていた有料ソフトをお試しで使えるものです。翻訳ソフトを販売する会社にとっては、そのソフトを購入して欲しいという目的がある為、有料翻訳ソフトに搭載されている機能がすべて使えるようになっています。インターネットからダウンロードして使いますが、使用期限が定められています。それに対して無料翻訳アプリは期限無しでいつでも誰でもダウンロードすることが出来ます。機能はソフトに比べて少ないですが、初心者でも手軽で使いやすいです。